飲んではいけない野菜ジュースの特徴は?体に悪いメーカーやおすすめの商品を紹介!

野菜ジュース

日常生活でよく飲む機会がある野菜ジュース

しかし数多くのメーカーが販売しているので、どれを選んだらいいのか迷ってしまった経験はありませんか?

中には買ってはいけない商品もあるので、正しい情報を知って安全でおいしいもの選びたいですよね。

この記事では飲んではいけないメーカーや特徴について解説し、野菜ジュースの選び方やおすすめの商品について紹介していきます。

目次

飲んではいけない野菜ジュースの特徴4つ!

まずは、飲んではいけない野菜ジュースの特徴を4つ紹介します。

購入する際は、以下の点に気をつけましょう。

  1. 値段が高すぎる
  2. 自分の好きな味ではない
  3. 食品添加物が含まれている
  4. 糖質が高すぎる

①値段が高すぎる

値段が高すぎる野菜ジュースは買わないほうがいいでしょう。

日々の野菜不足を補うものとして野菜ジュースを飲む場合は、毎日続けて摂取できる商品がおすすめです。

値段が高すぎるものだと、コストがかかりすぎて続けるのが大変になってしまうかもしれません。

値段が安いものでも、糖質やカロリーが控えめで添加物の少ないものを選ぶといいでしょう。

頻繁に飲むものなので、自分のお財布と相談しながらコスパのいい野菜ジュースを選ぶことをおすすめします!

②自分の好きな味ではない

野菜ジュースは味に特徴があるので、種類やメーカーによって合う・合わないがあるかもしれません。

せっかく買ったのに飲めないともったいないですよね・・。

果実ミックスタイプ・野菜100%タイプ・スムージータイプなど様々な味も販売されているので、自分の好みのものを見つけるといいでしょう!

③食品添加物が含まれている

食品添加物が入っているものは、過剰に摂取すると健康に被害を及ぼす可能性があります。

食品添加物名影響
保存料健康を害する可能性
香料アレルギーの原因となる可能性
着色料健康を害する可能性
pH調整剤消化器系への影響、アレルギーの原因となる可能性

購入前にパッケージなどを見ながら、安全な野菜ジュースを選びましょう。

④糖質が高すぎる

健康に良さそうなイメージの野菜ジュースですが、中には1本に含まれている糖質が高いものがあります。

高いものでは1本あたり20gと、スイーツと同じくらいの量の糖質が含まれているものも。

普段の食事で摂取する糖質量にプラスして野菜ジュースからも摂取する糖質が多すぎると、肥満の原因になったり、疲れやすさやだるさの原因になったりします。

体のことを考えて野菜ジュースを飲む方は、糖質がどのくらい含まれているかチェックすることが大切です。

K子

4つの特徴に当てはまる野菜ジュースは、買ってはいけません!

1.値段が高すぎる
2.自分の好きな味ではない
3.食品添加物が含まれている
4.糖質が高すぎる

飲んではいけない野菜ジュースのメーカーはある?

飲んではいけない野菜ジュースのメーカーはあるのでしょうか。

カゴメ・伊藤園・キリンビバレッジ・キッコーマンの野菜ジュースのを紹介していきます。

メーカー名商品名
カゴメ野菜生活100
伊藤園一日分の野菜
キリンビバレッジ無添加野菜 48種の濃い野菜100%
キッコーマンデルモンテ 食塩無添加野菜ジュース

カゴメ

野菜ジュースといえばカゴメを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

カゴメの商品の中でも有名な「野菜生活100」は野菜汁の量が70%で、1食分の野菜(120g)を使用しています。

砂糖不使用で自然なおいしさを追求し、基本の4種類の味に加えて季節限定のフレーバーも販売されているので、野菜の苦手なお子様でも飲みやすい商品となっています。

SNSには「美味しくて飲みやすい」「体調管理に効果的」と高評価がたくさんありました。

伊藤園

伊藤園が販売している主な野菜ジュースは「一日分の野菜」で、商品名の通り厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取目標量350g分を使用しています。

砂糖・食塩不使用で野菜本来のおいしさを活かしていて、毎日続けやすい味となっています。

ビタミンやミネラルなどの必要な栄養素をバランスよく摂取することができます。

SNSには「砂糖・食塩無添加なのに飲みやすい」「健康診断の数値が改善した」などの意見があがっていました。

キリンビバレッジ

キリンビバレッジが販売している野菜ジュースは「無添加野菜 48種の濃い野菜100%」。

トマトを中心に48種類の野菜をバランスよく配合し、飲みごたえのある濃い味わいに仕上がっています。

砂糖・食塩が無添加なので、野菜本来のおいしさを安心して楽しめます。

SNSには「野菜の味が活きていて美味しい」「料理にも使える」などの意見があがっていました。

https://twitter.com/axsstratosphere/status/1629839472606199814?s=20

キッコーマン

キッコーマンが販売している野菜ジュースは「デルモンテ 食塩無添加野菜ジュース」。

完熟トマトを中心に21種類の野菜を使用し、コップ1杯でトマト3個分のリコピンを摂取することができます。

セロリの香りや風味が特徴で、国内で栽培したセロリを独自の搾汁製法で加工し、野菜の味を引き立てるすっきりとした味わいに仕立てています。

料理にも活用でき、アレンジレシピも豊富

SNSには「セロリが効いてて美味しい」「トマトスープにしても優秀」などの意見があがっていました。

N美

メーカーによって様々な特徴があります!

成分や口コミなどを参考にしながら、自分に合った野菜ジュースを選びましょう!

野菜ジュースの選び方を失敗した人の口コミ

野菜ジュースの選び方を失敗した人の体験談や口コミを紹介します。

これから購入する人は、どんなことに気をつけたらいいのか、参考にするといいでしょう。

F美

好みでない味のものを買ってしまって失敗

R子

糖質の摂りすぎに注意

S美

料理など用途に合わせて慎重に選ぶべき

野菜ジュースの選び方を失敗した・後悔している、と投稿している人が思った以上に多くいますね・・。

自分に合った野菜ジュースを買うことが大切ですね。

買うならどれ?おすすめの野菜ジュースを紹介!【人気・安さ】

おすすめの野菜ジュースを3つ紹介します!

人気のものやコスパ重視の商品などに分けてまとめていますので、何を一番重視したいか、優先順位を決めてから選ぶと迷うことも少なくなるでしょう。

人気No.1「キリンビバレッジ 無添加野菜 48種の濃い野菜100%」

【引用:Amazon

ブランド‎小岩井
製品サイズ‎34.49 x 16.1 x 12.4 cm; 5.27 kg
商品タイプ‎液体
容器の種類‎ボトル
メーカー‎キリンビバレッジ
原材料‎トマトジュース(濃縮トマト還元)、野菜ジュース(にんじん(濃縮還元)、セロリ、なばな(濃縮還元)、モロヘイヤ(粉末還元)、たまねぎ(濃縮還元)、パセリ、アスパラガス(濃縮還元)、赤ピーマン(濃縮還元)、キャベツ(濃縮還元)、カリフラワー(濃縮還元)、ブロッコリー(濃縮還元)、かぼちゃ(濃縮還元)、レッドキャベツ(濃縮還元)、ピーマン(濃縮還元)、クレソン、有色甘藷(濃縮還元)、チンゲンサイ(濃縮還元)、なす(濃縮還元)、しそ(濃縮還元)、よもぎ(濃縮還元)、ケール、しょうが、にがうり、キャベツ、ラディッシュ、ほうれんそう、みつば、きゅうり、はくさい、とうもろこし、グリーンピース、じゃがいも、ごぼう、にら、バジル、あしたば、こまつな、チコリー、きょうな、だいこん、のざわな、ビーツ、ねぎ、いんげん、レタス、りょくとうもやし、アルファルファもやし、芽キャベツ)、レモン果汁(濃縮還元)、セロリシード、こしょう
商品の重量‎5.27 Kilograms

このキリンビバレッジの「無添加野菜 48種の濃い野菜100%」は高い栄養価ながら低糖質という特徴があり、とても人気の商品です。

トマトの甘味とフレッシュな野菜の味わいで、美味しく飲みやすくなっているのでおすすめです!

安さ重視「カゴメ 野菜の流儀」

【引用:Amazon

ブランド‎サポベジ
梱包サイズ‎10.5 x 5.1 x 5.1 cm; 230 g
商品タイプ‎液体
容器の種類‎パウチ
メーカー‎カゴメ
商品の重量‎230 g

カゴメの「野菜の流儀」は、1日分の野菜350gを使用し、マルチビタミン・マルチミネラルも加わっている点が特徴です。

野菜のあらごし食感を楽しむことができ、コスパもいい商品なので値段重視の方におすすめの商品となっています。

子ども向け「カゴメ 野菜生活100 国産100% やさいとりんご」

【引用:Amazon

・容量:100ml × 36本

・原材料:野菜(にんじん(国産)、トマト、ほうれん草、かぼちゃ)、りんご/クエン酸、香料

・アレルギー:りんご

このカゴメの「野菜生活100 国産100% やさいとりんご」は国産の野菜と果実を使用し、りんご味で飲みやすいという特徴があるとても人気の商品です。

野菜が苦手なお子様でも飲みやすく、おやつとして楽しみながら野菜不足を補えるのでおすすめです!

ただ、糖質も多く含まれるので飲みすぎには注意しましょう。

A美

・人気No.1は「キリンビバレッジ 無添加野菜 48種の濃い野菜100%」
・安さ重視なら「カゴメ 野菜の流儀」
・子ども向けは「カゴメ 野菜生活100 国産100% やさいとりんご」

などがおすすめです!

野菜ジュースの保存方法や賞味期限は?

気になる野菜ジュースの保存方法について紹介します。

  • 開封前は常温
  • 開封後はすぐに飲み切る

ことをおすすめします。

ペットボトル等の大容量タイプで容器に口をつけていない場合は、開封後は冷蔵庫に保管し、賞味期限にかかわらず早めに飲み切るようにしましょう。

酸っぱい匂いがする・酸味が強い・容器が膨張している状態になっていたら腐っている可能性がありますので、見た目や匂いなどを確認してから飲むようにしましょう。

野菜ジュースを買う時によくある質問!

野菜ジュースを購入する際の疑問点やよくある質問についてまとめました。

質問①毎日飲んでもいい?

野菜ジュースを毎日飲む人もいると思いますが、健康に影響はないのか気になりますよね。

毎日過剰に摂取すると、以下のような影響があると言われています。

  • 糖質の過剰摂取による血糖値上昇、肥満などの原因になる可能性
  • 塩分過多による血圧や生活習慣病への影響

野菜ジュースは糖質や塩分が多く含まれている商品もあるので、飲み過ぎはよくないでしょう。

しかし野菜ジュースは、皮膚粘膜の強化や腸内環境に良いと言われていますので、1日200mLを目安に飲むことをおすすめします。

質問②野菜汁100%タイプと果汁ミックスタイプの違いは?

野菜ジュースには野菜汁100%タイプと果汁ミックスタイプの2つの種類がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

種類特徴
野菜汁100%タイプ野菜の栄養素が豊富に摂れる、商品によっては飲みにくさがある
果汁ミックスタイプ果汁の甘味で飲みやすい、糖質が高くなる傾向がある

野菜の栄養素を逃すことなく摂りたい方は野菜汁100%タイプを、甘さがあって飲みやすいものが好みの方は果汁ミックスタイプを選ぶことをおすすめします!

E子

・糖質や塩分の摂りすぎに注意して1日200mLを目安に飲みましょう
・野菜の栄養素を重視する方は野菜汁100%タイプ、飲みやすさ重視の方は果汁ミックスタイプがおすすめ

野菜ジュースを安く買う方法は?

野菜ジュースを安く買うための方法やセールの時期を把握しておきましょう!

チラシをチェック

近くのスーパーやお店などで安く売っていることがありますので、チラシなどをチェックしておきましょう。

お店によっては、○日はクレカ払いで5%オフ・○日にポイント2倍dayなどもありますので、お得に買える日に購入するのもいいでしょう。

野菜ジュースはネット通販で買うべきと断言できる理由

野菜ジュースはネット通販で買うことをおすすめします!

なぜなら、ネットだとまとめ買いセールをしていたりポイントが還元されることがあるからです・・!

  • まとめ買いができるので、その分安く購入できたり買い忘れを防ぐことができる
  • 送料無料で買える場合がある
  • 通販サイト独自のセール期間中に利用すると、ポイントが貯まるなどお得に購入できる(楽天市場のお買い物マラソンや、Amazonセールなど)

その為、野菜ジュースはネットで買うことをおすすめします

A美

ネットで野菜ジュースを買うと

・安く購入できる
・書い忘れを防げる
・送料無料になる
・ポイントが貯まる
・時間とコストが削れる

などのメリットがたくさん!

まとめ

①〜④に当てはまる野菜ジュースは飲んではいけない!ということを覚えておきましょう!

  1. 値段が高すぎる
  2. 自分の好きな味ではない
  3. 食品添加物が含まれている
  4. 糖質が高すぎる

購入前には、必要な容量や効果・口コミなどを確認しておくことが大切です。

野菜ジュースにはたくさん種類があるので、迷いますよね・・。

値段・効果など、何を一番重視したいのか決めておくと、スムーズに選ぶことができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次