買ってはいけないプロテインは?添加物だらけで危険なメーカーはどれ?おすすめ商品も紹介!

プロテイン

日常生活でよく飲むプロテイン

しかし数多くのメーカーが販売しているので、どれを選んだらいいのか迷ってしまった経験はありませんか?

中には買ってはいけない商品もあるので、正しい情報を知って安全でおいしいもの選びたいですよね。

この記事では買ってはいけないメーカーや特徴について解説し、プロテインの選び方やおすすめの商品について紹介していきます。

目次

買ってはいけないプロテインの特徴4つ!

まずは、買ってはいけないプロテインの特徴を4つ紹介します。

  1. 値段が安すぎる
  2. 聞いたことがない海外のメーカー
  3. 自分の好きな味ではない
  4. 食品添加物が含まれている

①値段が安すぎる

値段が安すぎるプロテインは買わないほうがいいでしょう。

人工甘味料や食品添加物が含まれている場合が多いです。

  • 食品添加物の「カラギーナン」は安価な重量剤。

成分はほとんどなく、量増しとして使用されます。

ダイエット中やトレーニング中には頻繁に飲むものなので、自分のお財布と相談しながらコスパのいいプロテインを選ぶことをおすすめします!

②聞いたことがない海外のメーカー

聞いたことがない・あまり見たことがないプロテインは買わない方がいいでしょう。

日本で作られた物よりも、人工甘味料などの添加物が多く含まれている場合も。

購入する際は、SNSやネットなどで口コミを確認してから安心できる商品を購入することをおすすめします!

③自分の好きな味ではない

プロテインは物によって味や香りに特徴があるので、種類やメーカーによって合う・合わないがあるかもしれません。

せっかく買ったのに飲めないともったいないですよね・・。

人気のチョコレート風味やイチゴやマンゴーなどのフルーツ味など、様々な味も販売されているので、自分の好みのものを見つけるといいでしょう!

④食品添加物が含まれている

食品添加物が入っているものは、頭痛や吐き気などを引き起こす可能性があります。

食品添加物名影響
スクラロース頭痛や吐き気の可能性
カラギーナン海藻由来で一見無害
しかし、量増しとして使われる
人工的なタンパク質腎臓に負担がかかる

購入前にパッケージなどを見ながら、安全なプロテインを選びましょう。

K子

4つの特徴に当てはまるプロテインは、買ってはいけません!

1.値段が安すぎる
2.聞いたことがない海外のメーカー
3.自分の好きな味ではない
4.食品添加物が含まれている

買ってはいけないプロテインのメーカーはある?

買ってはいけないプロテインのメーカーはあるのでしょうか。

日本新薬・明治・リバティライフのプロテインを紹介していきます。

メーカー名商品名
明治ザバス(SAVAS) ソイプロテイン100
日本新薬WINZONE(ウィンゾーン)ホエイ プロテイン パーフェクトチョイス
リバティライフMADPROTEIN ソイプロテイン

明治

プロテインといえば明治を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

タンパク質だけでなく、4種類のビタミンB群やビタミンC・ビタミンDも配合されています。

シェイカーを使わずにコップでも水に溶けやすく、手間要らず

SNSには「おいしくて飲みやすい」「サッと溶ける」と高評価がたくさんありました。

日本新薬

日本新薬が販売しているプロテインは、たんぱく質が84%以上!

100%植物由来の大豆たんぱくが使用されているのに1杯あたり約60円ほどと、かなりお手頃です。

SNSには「安くてうまい」「美味しく飲める」などの意見があがっていました。

リバティライフ

リバティライフが販売しているプロテインは、人工甘味料不使用

原料調達から販売までを自社で行なっているため、安い価格で販売されているのも嬉しいポイントですね。

SNSには「原材料がシンプル」「コスパがいい」などの意見があがっていました。

N美

メーカーによって様々な特徴があります!

成分や口コミなどを参考にしながら、自分に合ったプロテインを選びましょう!

プロテインの選び方を失敗した人の口コミ

プロテインの選び方を失敗した人の体験談や口コミを紹介します。

これから購入する人は、どんなことに気をつけたらいいのか、参考にするといいでしょう。

F美

プロテイン不味い…。

R子

劇的にまずい。

S美

安いと思って買ったのに、安くなかった。

プロテインの選び方を失敗した・後悔している、と投稿している人が思った以上に多くいますね・・。

自分に合ったプロテインを買うことが大切ですね。

買うならどれ?おすすめのプロテインを紹介!【人気・安さ】

おすすめのプロテインを3つ紹介します!

人気のものやコスパ重視の商品などに分けてまとめていますので、何を一番重視したいか、優先順位を決めてから選ぶと迷うことも少なくなるでしょう。

人気No.1「明治・ザバス(SAVAS) ホエイプロテイン100 ビターショコラ風味」

【引用:Amazon

原材料・成分

梱包サイズ ‎26.9 x 24.9 x 5.8 cm; 980 g 
対象年齢 ‎大人 
対象性別 ‎ユニセックス

明治のザバス ホエイプロテイン100 ビターショコラ風味は吸収のよい「ホエイプロテイン」を100%使用という特徴があり、とても人気の商品です。

明治が独自に行なったアスリートの食事調査結果に基づいてタンパク質だけでなく、必要とされるビタミンも配合。

粉の溶けやすさも追求されていてシェイカーはもちろん、グラスでも飲みやすいのでおすすめです!

安さ重視「VALX バルクス・ホエイ プロテイン チョコレート風味」

【引用:Amazon

製品サイズ ‎28 x 24 x 8 cm; 1.03 kg 
対象年齢 ‎アダルト 
対象性別 ‎ユニセックス

バルクスのホエイ プロテイン チョコレート風味は、トレーナー歴30年以上の山本義徳氏が監修したプロテイン

水で溶かしても美味しいと評価が高く、コスパもいい商品なので、値段重視の方におすすめの商品となっています。

味重視「Naturecan・クリアホエイプロテイン」

【引用:Amazon

製品サイズ ‎25 x 5 x 32 cm; 1 kg 
対象性別 ‎ユニセックス 

このNaturecanのクリアホエイプロテインはタンパク質含有量80%という特徴があり、とても人気の商品です。

Naturecanは、世界40カ国以上で展開するブランド。

粉っぽさを感じずにジュースのように美味しく飲むことができるため、おすすめです!

A美

・人気No.1は「明治・ザバス(SAVAS) ホエイプロテイン100 ビターショコラ風味」
・安さ重視なら「VALX バルクス・ホエイ プロテイン チョコレート風味」
・味重視は「Naturecan・クリアホエイプロテイン」

などがおすすめです!

プロテインの保存方法や賞味期限は?

気になるプロテインの保存方法について紹介します。

  • 開封前は常温
  • 開封後は高温多湿を避けて、できるだけ早く飲み切る

ことをおすすめします。

パッケージのまま保存する際は、蓋やジッパーをしっかりと閉めましょう。

悪臭がしたり粉が固まった状態になっていたら腐っている可能性がありますので、見た目や匂いなどを確認してから飲むようにしましょう。

プロテインを買う時によくある質問!

プロテインを購入する際の疑問点やよくある質問についてまとめました。

質問①毎日飲んでもいい?

プロテインを毎日飲む人もいると思いますが、健康に影響はないのか気になりますよね。

毎日過剰に摂取すると、以下のような影響があると言われています。

  • 内臓疲労
  • カロリーオーバー
  • 腸内環境が乱れる

プロテインはタンパク質が多いので、飲み過ぎはよくないでしょう。

しかしプロテインには筋肉を作る働きがあると言われていますので、プロテインの外袋などに書かれている適正量を目安に飲むことをおすすめします。

質問②ホエイプロテインとソイプロテインの違いは?

プロテインにはホエイプロテインとソイプロテインの2つの種類がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

種類特徴
ホエイプロテイン原材料が牛乳
ソイプロテイン原材料が大豆
  • 牛乳からできているプロテインがいい方はホエイプロテインを。
  • 大豆からできているプロテインが好みの方は、ソイプロテインを選ぶことをおすすめします!
E子

・プロテインは、量を守れば毎日飲んでも大丈夫!
・ホエイプロテインは牛乳、ソイプロテインは大豆からできている。

プロテインを安く買う方法は?

プロテインを安く買うための方法やセールの時期を把握しておきましょう!

チラシをチェック

近くのスーパーやお店などで安く売っていることがありますので、チラシなどをチェックしておきましょう。

お店によっては、○日はクレカ払いで5%オフ・○日にポイント2倍dayなどもありますので、お得に買える日に購入するのもいいでしょう。

プロテインはネット通販で買うべきと断言できる理由

プロテインはネット通販で買うことをおすすめします!

なぜなら、ネットだとまとめ買いセールをしていたりポイントが還元されることがあるからです・・!

  • まとめ買いができるので、その分安く購入できたり買い忘れを防ぐことができる
  • 送料無料で買える場合がある
  • 通販サイト独自のセール期間中に利用すると、ポイントが貯まるなどお得に購入できる(楽天市場のお買い物マラソンや、Amazonセールなど)

その為、プロテインはネットで買うことをおすすめします

A美

ネットでプロテインを買うと

・安く購入できる
・書い忘れを防げる
・送料無料になる
・ポイントが貯まる
・時間とコストが削れる

などのメリットがたくさん!

まとめ

①〜⑤に当てはまるプロテインは買ってはいけない!ということを覚えておきましょう!

  1. 値段が安すぎる
  2. 聞いたことがない海外のメーカー
  3. 自分の好きな味ではない
  4. 食品添加物が含まれている

購入前には、必要な容量や効果・口コミなどを確認しておくことが大切です。

プロテインにはたくさん種類があるので、迷いますよね・・。

値段・効果など、何を一番重視したいのか決めておくと、スムーズに選ぶことができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次