食べてはいけないオリゴ糖はどれ?買ってはいけないメーカーの特徴や正しい選び方を紹介!

オリゴ糖

日常生活でよく食べる機会があるオリゴ糖

しかし数多くのメーカーが販売しているので、どれを選んだらいいのか迷ってしまった経験はありませんか?

中には買ってはいけない商品もあるので、正しい情報を知って安全でおいしいもの選びたいですよね。

この記事では食べてはいけないメーカーや特徴について解説し、オリゴ糖の選び方やおすすめの商品について紹介していきます。

目次

食べてはいけないオリゴ糖の特徴3つ!

まずは、食べてはいけないオリゴ糖の特徴を3つ紹介します。

購入する際は、以下の点に気をつけましょう。

  1. 値段が安すぎる
  2. 甘味料や食品添加物が含まれている
  3. 容器が使いにくい

①値段が安すぎる

値段が安すぎるオリゴ糖は買わないほうがいいでしょう。

オリゴ糖100%の商品の中でも安すぎるものは、人工甘味料の「イソマルトオリゴ糖」を使っていることが多いです。

オリゴ糖は本来、消化されずに大腸まで届きエネルギーになりにくく、血糖値も上がりにくいですが、「イソマルトオリゴ糖」は消化・吸収されるため、カロリーも高く血糖値も上昇してしまいます。

頻繁に食べるものなので、自分のお財布と相談しながらコスパのいいオリゴ糖を選ぶことをおすすめします!

②甘味料や食品添加物が含まれている

甘味料や食品添加物が入っているものは、脂肪の蓄積を招き、肥満に繋がる可能性があります。

甘味料・食品添加物名影響
加糖ブドウ糖液糖血糖値上昇、脂肪の蓄積を招く可能性
酸味料(リン酸)カルシウムの吸収を阻害する可能性
保存料(ソルビン酸)発がん性物質の誘因となる可能性

また、オリゴ糖として発売されている商品でも、オリゴ糖自体の含有量が少ないものもあります。

オリゴ糖の含有量が少ないものは、通常の糖と同じように血糖値を上昇させ、エネルギーとして吸収されてしまうので注意が必要です。

購入前にパッケージなどを見ながら、安全なオリゴ糖を選びましょう。

⑤容器が使いにくい

オリゴ糖には粉末タイプとシロップタイプがあります。

安価で色々なものに加えやすいのはシロップタイプですが、容器の形によっては使いにくい商品もあります。

  • 容量1000mL以上
  • ひし形の注ぎ口

このような容器は使いにくいため、片手で扱いやすいボトルや、軽い力で注げるものなど、使いやすい容器を選ぶといいでしょう。

K子

3つの特徴に当てはまるオリゴ糖は、買ってはいけません!

1.値段が安すぎる
2.甘味料や食品添加物が含まれている
3.容器が使いにくい

食べてはいけないオリゴ糖のメーカーはある?

食べてはいけないオリゴ糖のメーカーはあるのでしょうか。

味の素、日本オリゴ、パールエースのオリゴ糖のを紹介していきます。

メーカー名商品名
味の素「パルスイート おなかすこやかオリゴ」
日本オリゴ「フラクトオリゴ糖」
パールエース「オリゴのおかげ」

味の素

オリゴ糖といえば味の素を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

味の素の「パルスイート おなかすこやかオリゴ」はフラクトオリゴ糖を含有する、シロップタイプの商品です。

オリゴ糖の含有量はやや低いですが、使いやすい液体タイプで安価で購入できるため、初めてオリゴ糖を試してみる方におすすめです。

SNSには「お腹の調子がいい」「ダイエットレシピに使ってもおいしい」と高評価がたくさんありました。

https://twitter.com/onsokuwriter/status/1732237815440875976?s=20

日本オリゴ

日本オリゴが販売している「フラクトオリゴ糖」は、トクホの認定を受けた商品で、てんさい糖を原料としています。

オリゴ糖含有量は55%とやや少なめですが、容器は扱いやすく、量の調節がしやすくなっています。

SNSには「腸内環境が整う」「大容量タイプはコスパがいい」などの意見があがっていました。

https://twitter.com/cs60tonamino1/status/1663502380200267778?s=20
https://twitter.com/SorairoMorris32/status/1728581608889102359?s=20

パールエース

パールエースが販売している「オリゴのおかげ」には乳糖オリゴ糖が含まれており、トクホの認定を受けている商品です。

利便性が高く、価格も安いので毎日使える商品ですが、オリゴ糖の含有量は少なめなので、使いやすさ重視の方におすすめです。

SNSには「便通の悩みが改善した」「妊娠中も安心して使える」などの意見があがっていました。

https://twitter.com/shiiiiina870/status/1710641233054535812?s=20

N美

メーカーによって様々な特徴があります!

成分や口コミなどを参考にしながら、自分に合ったオリゴ糖を選びましょう!

オリゴ糖の選び方を失敗した人の口コミ

オリゴ糖の選び方を失敗した人の体験談や口コミを紹介します。

これから購入する人は、どんなことに気をつけたらいいのか、参考にするといいでしょう。

https://twitter.com/seaman3722/status/1728967135559561442?s=20
https://twitter.com/__W_nk/status/1703057253480468794?s=20
F美

メーカーによって合わないものがある

R子

コスパを重視したら使いにくかった

S美

甘みの調節が難しい

オリゴ糖の選び方を失敗した・後悔している、と投稿している人が思った以上に多くいますね・・。

自分に合ったオリゴ糖を買うことが大切ですね。

買うならどれ?おすすめのオリゴ糖を紹介!【人気・粉末・シロップ】

おすすめのオリゴ糖を3つ紹介します!

人気のものや粉末タイプ・シロップの商品などに分けてまとめていますので、何を一番重視したいか、優先順位を決めてから選ぶと迷うことも少なくなるでしょう。

人気No.1「ニチエー ビートオリゴ糖」

【引用:楽天市場

名称ビートオリゴ糖
原材料名ラフィノース(甜菜(北海道産))、ショ糖
内容量450g
賞味期限別途商品に記載
保存方法高温多湿及び直射日光を避けて冷暗所に保存してください。
区分日本製 健康食品
広告文責/販売者ニチエー株式会社 0120-550-601
計量目安小さじ(5cc)一杯あたり 約3g
お召し上がり方1日に2~10gを目安にお召し上がりください。コーヒーや紅茶に入れたり、ヨーグルトにかけたり、またお料理にもお使いいただけます。
詰め替え容器
推奨サイズ
フレッシュロック800ml容器
全量入れた割合:90%

このニチエーの「ビートオリゴ糖」はオリゴ糖の含有率が98%と高いという特徴があり、とても人気の商品です。

コスパもよく、1日あたりの必要量も少ないので、毎日摂取したいという方におすすめです!

粉末タイプのおすすめ「‎日本ガーリック 北海道産ビートオリゴ糖(ラフィノース)

【引用:NICHIGA

名 称北海道産 ビートオリゴ糖
原材料名ラフィノース(国内製造)98%、ショ糖2%
内容量500g
賞味期限別途商品に記載
保存方法高温多湿及び直射日光をさけて保管ください。
加工者日本ガーリック株式会社
群馬県高崎市八幡原町1008-3

日本ガーリックの「北海道産ビートオリゴ糖(ラフィノース)」は、オリゴ糖の含有率が約98%ととても高い点が特徴です。

1袋あたり5ヶ月分と容量も多く、コスパもいい商品なので、ご自宅で毎日使いたいという方におすすめの商品となっています。

シロップタイプのおすすめ「菱晃株式会社 オリゴ75」

【引用:Amazon

ブランド‎オリゴ75
商品の重量‎500 g
商品タイプ‎液体
メーカー‎菱晃株式会社
商品の重量‎500 g

この‎菱晃株式会社の「オリゴ75」はオリゴ糖含有率が75%とシロップタイプの中では高いという特徴があり、とても人気の商品です。

少しお値段が高めですが、シロップタイプを使いつつ、しっかりとオリゴ糖の効果を感じたいという方におすすめです!

A美

・人気No.1は「ニチエー ビートオリゴ糖」
・粉末タイプのおすすめなら「北海道産ビートオリゴ糖(ラフィノース)」
・シロップタイプのおすすめは「菱晃株式会社 オリゴ75」

などがおすすめです!

オリゴ糖の保存方法や賞味期限は?

気になるオリゴ糖の保存方法について紹介します。

  • 開封前・開封後ともに直射日光を避け常温

で保存することおすすめします。

オリゴ糖は砂糖などの調味料と同じ扱いになるので、開封後も賞味期限まで食べることができますが、商品に表示されている正しい保存方法を守るようにしましょう。

オリゴ糖を買う時によくある質問!

オリゴ糖を購入する際の疑問点やよくある質問についてまとめました。

質問①毎日食べてもいい?

オリゴ糖を毎日食べる人もいると思いますが、健康に影響はないのか気になりますよね。

毎日過剰に摂取すると、以下のような影響があると言われています。

  • お腹がゆるくなる
  • 血糖値の上昇(オリゴ糖以外の糖を含む割合が多い場合)
  • カロリーの過剰摂取((オリゴ糖以外の糖を含む割合が多い場合)

オリゴ糖は腸内環境に作用するはたらきが大きいので、食べ過ぎはよくないでしょう。

しかしオリゴ糖には、便秘改善やダイエットに効果があると言われていますので、商品に表示される1日の摂取量を目安に食べることをおすすめします。

質問②粉末タイプとシロップタイプの違いは?

オリゴ糖には粉末タイプとシロップタイプの2つの種類がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

種類特徴
粉末タイプオリゴ糖の含有率が高い、溶けにくさや使いづらさがある
シロップタイプオリゴ糖以外のものが多く含まれる、扱いやすい

オリゴ糖の含有率が高いものがいい方は粉末タイプを、扱いやすいものが好みの方はシロップタイプを選ぶことをおすすめします!

E子

・適切な摂取量を守れば毎日食べてOK
・オリゴ糖含有率が高いのは粉末タイプ、扱いやすいのはシロップタイプ

オリゴ糖を安く買う方法は?

オリゴ糖を安く買うための方法やセールの時期を把握しておきましょう!

チラシをチェック

近くのスーパーやお店などで安く売っていることがありますので、チラシなどをチェックしておきましょう。

お店によっては、○日はクレカ払いで5%オフ・○日にポイント2倍dayなどもありますので、お得に買える日に購入するのもいいでしょう。

オリゴ糖はネット通販で買うべきと断言できる理由

オリゴ糖はネット通販で買うことをおすすめします!

なぜなら、ネットだとまとめ買いセールをしていたりポイントが還元されることがあるからです・・!

  • まとめ買いができるので、その分安く購入できたり買い忘れを防ぐことができる
  • 送料無料で買える場合がある
  • 通販サイト独自のセール期間中に利用すると、ポイントが貯まるなどお得に購入できる(楽天市場のお買い物マラソンや、Amazonセールなど)

その為、オリゴ糖はネットで買うことをおすすめします

A美

ネットでオリゴ糖を買うと

・安く購入できる
・買い忘れを防げる
・送料無料になる
・ポイントが貯まる
・時間とコストが削れる

などのメリットがたくさん!

まとめ

①〜③に当てはまるオリゴ糖は食べてはいけない!ということを覚えておきましょう!

  1. 値段が安すぎる
  2. 甘味料や食品添加物が含まれている
  3. 容器が使いにくい

購入前には、必要な容量や効果・口コミなどを確認しておくことが大切です。

オリゴ糖にはたくさん種類があるので、迷いますよね・・。

値段・効果など、何を一番重視したいのか決めておくと、スムーズに選ぶことができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次