買ってはいけないマヨネーズはどれ?危険なメーカーの特徴は?後悔しないための選び方・無添加商品を紹介!

マヨネーズ

日常生活でよく食べる機会があるマヨネーズ

しかし数多くのメーカーが販売しているので、どれを選んだらいいのか迷ってしまった経験はありませんか?

中には買ってはいけない商品もあるので、正しい情報を知って安全でおいしいもの選びたいですよね。

この記事では食べてはいけないメーカーや特徴について解説し、マヨネーズの選び方やおすすめの商品について紹介していきます。

目次

食べてはいけないマヨネーズの特徴4つ!

まずは、食べてはいけないマヨネーズの特徴を4つ紹介します。

購入する際は、以下の点に気をつけましょう。

  1. 値段が安すぎる
  2. 聞いたことがない海外のメーカー
  3. 自分の好きな味ではない
  4. 食品添加物が含まれている

①値段が安すぎる

値段が安すぎるマヨネーズは買わないほうがいいでしょう。

標準的な価格より安く販売されているマヨネーズはコストカットのため、安い原材料に添加物を使用して製造されている可能性があります。

頻繁に食べるものなので、自分のお財布と相談しながらコスパのいいマヨネーズを選ぶことをおすすめします!

②聞いたことがない海外のメーカー

聞いたことがない・あまり見たことがないマヨネーズは買わない方がいいでしょう。

海外でもポピュラーなマヨネーズですが、日本国内で製造されているマヨネーズと海外で製造されているマヨネーズは原材料である卵や酢に違いがあるため、違和感があるかもしれません。

購入する際は、SNSやネットなどで口コミを確認してから安心できる商品を購入することをおすすめします!

③自分の好きな味ではない

マヨネーズは原材料で使われる酢によって酸味に違いがあるので、種類やメーカーによって合う・合わないがあるかもしれません。

せっかく買ったのに食べられないともったいないですよね・・。

酢の種類によってやさしい酸味のものや、甘めのマヨネーズなど様々な味のものが販売されているので、自分の好みのものを見つけるといいでしょう!

④食品添加物が含まれている

食品添加物が入っているものは、味覚障害などを引き起こす可能性があります。

食品添加物名影響
調味料(アミノ酸)味覚障害
トランス脂肪酸肥満、心臓疾患

マヨネーズに含まれる食品添加物は適正な量で安全性が認められているので、必ずしも体に害があるとは言い切れませんができるだけ添加物の少ないマヨネーズを選びたいですよね。

購入前にパッケージなどを見ながら、安全なマヨネーズを選びましょう。

K子

4つの特徴に当てはまるマヨネーズは、買ってはいけません!

1.値段が安すぎる
2.聞いたことがない海外のメーカー
3.自分の好きな味ではない
4.食品添加物が含まれている

食べてはいけないマヨネーズのメーカーはある?

食べてはいけないマヨネーズのメーカーはあるのでしょうか。

キユーピー、味の素、ケンコー、ななくさの郷のマヨネーズを紹介していきます。

メーカー名商品名
キユーピーキユーピーマヨネーズ
味の素ピュアセレクトマヨネーズ
ケンコーケンコーマヨネーズ
ななくさの郷松田のマヨネーズ

キユーピー

マヨネーズといえばキユーピーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

1925年に日本初のマヨネーズとして発売されました。

SNSには「美味しい」「我が家のマヨネーズはこれ」と高評価がたくさんありました。

味の素

味の素が販売しているピュアセレクトシリーズは、とれて3日以内の国産新鮮たまごを使用したこだわりのマヨネーズです。

SNSには「酸味がまろやかで美味しい」「ブロッコリーにはピュアセレクト」などの意見があがっていました。

https://twitter.com/ZK000Reg1g1gAS/status/1729444427956199436?s=20

ケンコー

ケンコーが販売しているケンコーマヨネーズは酸味と塩味のバランスが良く、風味豊かなマヨネーズです。

SNSには「美味しい」「タルタルソースも美味しい」などの意見があがっていました。

https://twitter.com/tiny4989/status/1724198488345612739?s=20

ななくさの郷

ななくさの郷が販売している松田のマヨネーズは食品添加物無添加で、厳選された平飼い卵を使用するなど原材料にこだわったマヨネーズです。

SNSには「高いけど美味しい」「安心安全」などの意見があがっていました。

N美

メーカーによって様々な特徴があります!

成分や口コミなどを参考にしながら、自分に合ったマヨネーズを選びましょう!

マヨネーズの選び方を失敗した人の口コミ

マヨネーズの選び方を失敗した人の体験談や口コミを紹介します。

これから購入する人は、どんなことに気をつけたらいいのか、参考にするといいでしょう。

https://twitter.com/yume__me0823/status/1731562893836239173?s=20
F美

口に合わなかった

R子

キャップから液漏れする

S美

カロリーが気になる

マヨネーズの選び方を失敗した・後悔している、と投稿している人が思った以上に多くいますね・・。

自分に合ったマヨネーズを買うことが大切ですね。

買うならどれ?おすすめのマヨネーズを紹介!【人気・カロリーオフ】

おすすめのマヨネーズを3つ紹介します!

人気のものやアレルギー対策の商品などに分けてまとめていますので、何を一番重視したいか、優先順位を決めてから選ぶと迷うことも少なくなるでしょう。

人気No.1「キユーピー・キユーピー マヨネーズ」

【引用:Amazon

ブランド‎キューピー
製品サイズ‎19 x 13 x 14 cm; 1 kg
メーカーにより製造中止になりました‎いいえ
産地(地方)‎関東地方
産地(都道府県)‎茨城県
容器の種類‎ボトル
メーカー‎キユーピー
原産国名‎日本
商品の重量‎1 Kilograms

このキユーピーのマヨネーズは、日本で最も愛されているマヨネーズと言われています。

濃厚ながら飽きのこない味でおすすめです!

ダイエットに「キユーピー・キユーピー ゼロ ノンコレステロール マヨネーズ」

【引用:Amazon

ブランド‎キユーピー
梱包サイズ‎22.6 x 20 x 7.5 cm; 1.29 kg
容器の種類‎チューブ
メーカー‎キユーピー
商品の重量‎1.29 Kilograms

マヨネーズといえば高カロリーというイメージがありますよね。

しかしこのキユーピー ゼロ ノンコレステロール マヨネーズは、独自製法により卵からコレステロールを取り除いてカロリー70%カットを実現し、ダイエット中の方などにとても人気の商品です。

アレルギーの方に「キヨトク・豆乳マヨ」

【引用:Amazon

ブランド‎キヨトク
製品サイズ‎5 x 10.5 x 19.5 cm; 290 g
容器の種類‎チューブ
メーカー‎キヨトク
商品の重量‎290 g

このキヨトクの豆乳マヨは卵・小麦不使用の豆乳マヨネーズという特徴があり、とても人気があります。

卵アレルギーでマヨネーズが食べられないという方におすすめです!

A美

・人気No.1は「キューピー・マヨネーズ」
・ダイエットには「キユーピー ゼロ ノンコレステロール マヨネーズ」
・アレルギーの方には「キヨトク・豆乳マヨ」

などがおすすめです!

マヨネーズの保存方法や賞味期限は?

気になるマヨネーズの保存方法について紹介します。

  • 開封前は常温で日の当たらない涼しい場所で保存します。
  • 開封後はキャップをしっかり閉めて冷蔵庫で保存することをおすすめします。

ただし0℃以下になると油が分離してしまうので、冷蔵庫内でも冷気の当たらないドアポケットなどで保存するようにしましょう。

マヨネーズには殺菌効果の高い酢や塩が含まれているため腐りにくい食品ではありますが、保存状態が悪い場合は腐る恐れがあります。

油が分離して変色していたり、異様な酸っぱさを感じた時は腐っている可能性がありますので、見た目や匂いなどを確認してから食べるようにしましょう。

マヨネーズを買う時によくある質問!

マヨネーズを購入する際の疑問点やよくある質問についてまとめました。

質問①毎日食べてもいい?

マヨネーズを毎日食べる人もいると思いますが、健康に影響はないのか気になりますよね。

毎日過剰に摂取すると、以下のような影響があると言われています。

  • カロリーの摂りすぎによる肥満
  • トランス脂肪酸を摂りすぎると心臓疾患の恐れがある

マヨネーズは脂質が高いので、食べ過ぎはよくないでしょう。

しかしマヨネーズには、脂溶性ビタミンのビタミンE・ビタミンKが豊富に含まれていますのでと言われていますので、1日あたり大さじ1杯を目安に食べることをおすすめします。

質問②チューブタイプと瓶詰タイプの違いは?

マヨネーズにはチューブタイプと瓶詰タイプの2つの種類がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

種類特徴
チューブタイプ子供や高齢者でも使いやすい・空気を抜いて保存できる
瓶詰タイプスプーンで掬って使う・酸味が若干強め・おしゃれなデザインがある
  • 使いやすさ重視の方はチューブタイプを。
  • デザインにこだわる方は瓶詰タイプを選ぶことをおすすめします!
E子

・1日あたり大さじ1杯
・使いやすさ重視の方はチューブタイプを、デザインにこだわる方は瓶詰タイプを

マヨネーズを安く買う方法は?

マヨネーズを安く買うための方法やセールの時期を把握しておきましょう!

チラシをチェック

近くのスーパーやお店などで安く売っていることがありますので、チラシなどをチェックしておきましょう。

お店によっては、○日はクレカ払いで5%オフ・○日にポイント2倍dayなどもありますので、お得に買える日に購入するのもいいでしょう。

マヨネーズはネット通販で買うべきと断言できる理由

マヨネーズはネット通販で買うことをおすすめします!

なぜなら、ネットだとまとめ買いセールをしていたりポイントが還元されることがあるからです・・!

  • まとめ買いができるので、その分安く購入できたり買い忘れを防ぐことができる
  • 送料無料で買える場合がある
  • 通販サイト独自のセール期間中に利用すると、ポイントが貯まるなどお得に購入できる(楽天市場のお買い物マラソンや、Amazonセールなど)

その為、マヨネーズはネットで買うことをおすすめします

A美

ネットでマヨネーズを買うと

・安く購入できる
・書い忘れを防げる
・送料無料になる
・ポイントが貯まる
・時間とコストが削れる

などのメリットがたくさん!

まとめ

①〜④に当てはまるマヨネーズは食べてはいけない!ということを覚えておきましょう!

  1. 値段が安すぎる
  2. 聞いたことがない海外のメーカー
  3. 自分の好きな味ではない
  4. 食品添加物が含まれている

購入前には、必要な容量や効果・口コミなどを確認しておくことが大切です。

マヨネーズにはたくさん種類があるので、迷いますよね・・。

値段・効果など、何を一番重視したいのか決めておくと、スムーズに選ぶことができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次