飼ってはいけないハムスターの種類はどれ?理由や後悔した人の口コミを紹介!

ハムスター

私たちに癒しと元気を与えてくれるハムスター

家族に迎え入れたいな〜と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし中には、飼ってはいけないと言われているハムスターも。

この記事では、飼ってはいけないと言われているハムスターや飼いやすいハムスターを口コミと共に紹介していきます。

大切な命を守るためにもぜひ参考にしてくださいね!

目次

飼ってはいけないハムスターの理由4つ!

なぜハムスターが飼ってはいけないと言われているのか、その理由を4つ紹介します。

  1. 言うことを聞いてくれないから
  2. お世話が大変だから
  3. 気性が荒い
  4. 病気になりやすいから

言うことを聞いてくれないから

個体差もありますが、ハムスターは言うことを聞いてくれない・しつけに苦労すると言われています。

初めてハムスターを飼う人はしつけの方法がわからず、困ってしまいますよね。

その子の性格によるかもしれませんが、おとなしい性格でしつけやすいと言われている種類のハムスターを飼うことをおすすめします。

お世話が大変だから

ハムスターは、基本的には夜行性なのでお世話が大変だと言われています。

餌の時間や回し車で遊ぶ時間帯が夜になってしまうので、生活リズムが合わない方や音に敏感な方は注意が必要です。

③気性が荒いから

ハムスター気性が荒い一面もあります。

気が強いと、何かあるたびに噛みついてきたり素早く逃げ回ったりするので、世話やコミュニケーションが難しいことも。

性格にも個体差があるので飼う前に実際に触れ合ってみたり、初めて動物を飼う方は大人しい・飼いやすい・穏やかだと言われている種類のハムスターを飼うことをおすすめします。

④病気になりやすいから

ハムスター寿命は2〜3年程度

懐いてきた頃に寿命がくることもあり、ペットロスになりやすい動物です。

また、徐々に弱っていくのではなく、突然亡くなってしまうというケースが多いと言われています。

その為、ハムスターを飼おうと思っている方は家族と相談したり慎重に考える必要があるでしょう。

K子

ハムスターは4つの理由から飼うことはおすすめしません。

1.言うことを聞いてくれないから
2.お世話が大変だから
3.気性が荒い
4.病気になりやすいから

飼ってはいけないハムスターの種類は?

飼ってはいけないハムスターの種類はあるのでしょうか。

ゴールデンハムスター・ジャンガリアンハムスター・チャイニーズハムスター・ロボロフスキーハムスターの特徴を紹介していきます。

種類特徴
ゴールデンハムスター人に懐きやすい
ジャンガリアンハムスター小柄で懐きやすい
チャイニーズハムスター小さな体と長い尻尾が特徴
ロボロフスキーハムスター世界最小のハムスター

ゴールデンハムスター

ハムスター

ゴールデンハムスターは穏やかで人懐っこく、ペットにしやすい種類のハムスターです。

SNSには「かわいい」「飼いやすい」と高評価がたくさんありました。

ジャンガリアンハムスター

ハムスター

ハムスターの中でも小さめの体格のジャンガリアンハムスター。

おとなしい性格の子が多く、飼いやすいと言われています。

SNSには「飼いやすい」「愛くるしい」と高評価がたくさんありました。

チャイニーズハムスター

ハムスター

【引用:Yahoo! JAPANきっず

おとなしい性格でかしこいチャイニーズハムスター。

さまざまなことをよく学習してくれるので一緒に生活しやすい種類のハムスターです。

SNSには「めっちゃ賢い!」「一番好き」と高評価がたくさんありました。

ロボロフスキーハムスター

ハムスター

世界最小のハムスターと言われているロボロフスキーハムスター。

小さな体で素早く動く様子は見ていて癒されます。

SNSには「最高!」「小さくてかわいい」と高評価がたくさんありました。

N美

同じハムスターでも種類によって様々な違いがあります。
その子の性格や自分の環境なども考えてから飼うことをおすすめします!

ハムスターを飼って失敗した人の口コミ

ハムスターを飼って失敗した人の体験談や口コミを紹介します。

これからハムスターを飼いたいと思っている方はどんなことに気をつけたらいいのか、参考にしてみてくださいね!

https://twitter.com/HANIO__OI/status/1745807105410596873?s=20
F美

うるさい!

R子

臭い…。

S美

懐かない!!!

ハムスターを飼って後悔している・大変だと投稿している人が思った以上に多くいますね・・。

大切な命なので勢いで飼うのではなく、飼う前にしっかり考えましょう。

飼うならどれ?おすすめのハムスターを紹介!

おすすめのハムスターを3種類、紹介していきます。

飼いやすい「ジャンガリアンハムスター」

ハムスター

このジャンガリアンハムスターは、おとなしくて人馴れすやすいと言われています。

カラーバリエーションも豊富なので、お気に入りの子を見つけられるかも!

初めてハムスターを飼う人などにおすすめです。

豊かな表情!「ゴールデンハムスター」

ハムスター

このゴールデンハムスターは、ハムスターの中でとても人気の高い種類の1つです。

穏やかな性格で人懐っこく、豊かな表情を見せてくれるのが魅力。

たくさんコミュニケーションをとって癒されたい人などにおすすめです。

上級者向け「キャンベルハムスター」

ハムスター

このキャンベルハムスターは、気が強い性格だと言われています。

活発に動き回る、やんちゃな姿を楽しみたい方にはピッタリ!

ハムスターを飼い慣れた人などにおすすめです。

A美

・飼いやすいのは「ジャンガリアンハムスター」
・豊かな表情なのは「ゴールデンハムスター」
・上級者向けは「キャンベルハムスター」

ハムスターを飼う時によくある質問!

ハムスターを飼う際の疑問点やよくある質問についてまとめました。

質問①ハムスターは飼いやすい動物?

体や鳴き声が小さく、散歩などの必要もないためハムスターは飼いやすい動物だと言えます。

しかし、室温を適度に保つことや餌をあげること、ゲージ内の清掃などのお世話は必要ですので、最後まで責任をもって飼うようにしましょう。

質問②「とっとこハム太郎」のモデルになった種類は?

ハムスターのキャラクターといえば、「とっとこハム太郎」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

「とっとこハム太郎」のモデルはゴールデンハムスターです。

ゴールデンハムスターは茶色と白の毛とうるうるのお目目が特徴的で、愛嬌があり人に懐きやすいと言われています。

E子

・ハムスターはペットとして飼いやすい動物!
・「とっとこハム太郎」のモデルとなったのはゴールデンハムスター!

ハムスターを飼う前に確認することや準備するものは?

ハムスターを飼う前に準備を整えておく必要があります。

迎え入れることができる環境なのか、最後までしっかりお世話することができるのか、などもしっかり確認しておきましょう。

ハムスターを飼う前に確認しておくこと

ハムスターを飼う前に本当に迎え入れることができるのか、以下の点を確認しておきましょう。

  • 自分や家族にアレルギーはないか
  • お世話をする時間があるか
  • 病院に連れて行ったり、餌などの必要なものを購入できるお金があるか
  • ハムスターを飼う環境やスペースが準備できるか
  • 最後までお世話をする覚悟があるか
  • 長時間家をあけたり、旅行に行く機会が多くないか

アレルギーがあったり、飼うスペースがない場合は飼うことは難しいでしょう。

また、お金や時間の面で不安がある方も飼うことはおすすめしません

かわいいから!と言って勢いで飼ってしまうと後悔してしまったり、ハムスターに寂しい思いをさせてしまうことも。

家族に相談したり、しっかりと考えてから飼うことをおすすめします。

準備するもの

ハムスターを飼うことが決まったら、以下のものを準備しておきましょう!

  • フード
  • 食器
  • 床材
  • おやつ
  • ゲージ
  • 給水器
  • 回し車
  • ハウス
  • トイレ

他にもペット保険に加入しておくと、適切な治療を受けさせてあげることができるので安心ですね!

A美

ハムスターを飼う前に本当に飼うことができるのか、しっかり確認しておくことが大切です!

まとめ

①〜④の理由から、ハムスターは飼ってはいけない!ということを覚えておきましょう!

  1. 言うことを聞いてくれないから
  2. お世話が大変だから
  3. 気性が荒い
  4. 病気になりやすいから

ハムスターはとってもかわいいので、衝動的に「飼いたい!」と思うこともあるかと思います。

しかし動物を飼うということは楽しいことだけでなく、大変なこともたくさん。

人間もハムスターも楽しく快適に過ごし、大切な命を守れるように、責任を持って飼いましょう。

飼ってはいけないうさぎ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次