買ってはいけない化粧品の特徴は?使ってはいけないメーカー(実名)やよくある失敗まとめ!

化粧品

日常生活でよく使う化粧品

しかし数多くのメーカーやモデルがあるので、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

「できるだけ安いものがいいけど、すぐに壊れてしまった。」

「高いものを買ったのに、自分には合わなかった。」

なんて、そんな経験も後悔もしたくない・・!

よく使うものだからこそ、正しい選択をして快適な生活を送りたいですよね。

この記事では買ってはいけないメーカーや特徴について解説し、化粧品の選び方やおすすめのメーカーなどについても紹介していきます。

目次

買ってはいけない化粧品の特徴4つ!

まずは、買ってはいけない化粧品の特徴を4つ紹介します。

  1.  肌に良くない成分が入っている
  2.  自分の好きなデザインではない
  3.  必要な効果が期待できない
  4.    価格が安い

肌によくない成分が入っている

肌によくない成分が入っている化粧品を使うと、肌が荒れたり、炎症を起こしたりとトラブルが起きる可能性があります。

そうするとせっかく買った化粧品を使い続けることができず、新しく買いなおすなど費用が余計にかかることも。

その為、SNSの情報などを鵜呑みにせず、成分表示をチェックして自分に合った化粧品を選びましょう。

化粧品に含まれる成分肌に与える影響
防腐剤(パラベン)肌への刺激になり、肌荒れを引き起こす
紫外線吸収剤肌への負担が大きい
アルコール肌の乾燥の原因となる
タール色素アレルギーの原因となる可能性
油性成分(ラノリン、ヒマシ油など)かぶれの原因

これらの成分が入っている化粧品は肌に負担をかける可能性が高いので、敏感肌の方や肌荒れに悩んでいる方は避けた方がいいでしょう。

自分の好きなデザインではない

妥協して自分の好みではない化粧品を購入すると、後から後悔することになるかもしれません。

メイクをする度に目にする化粧品は、パッケージのデザインも重要ですよね。

ある程度長く使うものなので値段や機能性だけで決めるのではなく、使っていてテンションの上がるデザインや色の化粧品を選ぶことをおすすめします。

③必要な効果が期待できない

化粧品による効果は、メーカーによって様々です。

  • UVカット効果
  • 保湿効果
  • 皮脂抑制効果
  • ティント効果
  • 肌荒れ防止成分

など。

必要な効果がないとすぐに崩れて汚くなってしまったり、メイクが落ちてしまったりして、何度も化粧直しをしなければいけない可能性も。

逆に効果が多過ぎても、本来の用途としての効果が発揮されづらい・うまく使いこなせないという状況に陥るかもしれません。

予算と相談しながら、必要な効果が期待できる化粧品を選びましょう。

④価格が安い

価格が安いものは肌荒れしやすかったり、すぐに崩れたり色落ちしてしまう可能性があります。

安いものを購入しても使い切ることなく買いなおしてばかりいると、お金も手間もかかってしまいます。

その為、購入する前には口コミや評価などを確認し、リアルな使用感をチェックしておきましょう。

K子

4つの特徴に当てはまる化粧品は、買ってはいけません!

1肌によくない成分が入っている
2.自分の好きなデザインではない
3.必要な効果が期待できない
4.価格が安い

買ってはいけない!?使いづらい!?化粧品のメーカーはある?

買ってはいけない・使いづらい化粧品のメーカーはあるのでしょうか。

資生堂、KOSE(コーセー)、花王・カネボウ化粧品の化粧品の特徴を紹介していきます。

メーカー名主なブランド名
資生堂「SHISEIDO」「Clé de Peau Beauté」「NARS」「LAURA MERCIER」「ELIXIR」「MAQuillAGE」「INTEGRATE」
KOSE(コーセー)「ADDICTION」「JILLSTUART」「ESPRIQUE」「Visee」「FASIO」
花王・カネボウ化粧品「LUNASOL」「RMK」「SUQQU」「Primavista」「COFFRET D'OR」「KATE」

資生堂

資生堂は、国内の化粧品メーカーで最も人気のあるメーカーのひとつです。

自社のブランドである「SHISEIDO」を始め、「Clé de Peau Beauté」や「NARS」、「LAURA MERCIER」といったデパートコスメから、プチプラで手に取りやすい「ELIXIR」「MAQuillAGE」「INTEGRATE」など、幅広いブランドが揃っています。

SNSには「美容液みたいなファンデに感動」「使うと褒められる」と高評価がたくさんありました。

KOSE(コーセー)

KOSE(コーセー)は1946年に創業し、スキンケア商品からメイクアップ商品まで自社ブランドでの開発・販売をするとともに、「JILLSTUART」などのライセンス商品の販売も行っています。

「Visee」や「FASIO」など、プチプラで質のいいコスメも人気を集めています。

SNSには「ジルはパッケージも可愛い」「プチプラでもデパコス級の仕上がり」と高評価がたくさんありました。

https://twitter.com/mana_sho77/status/1728389779275006151?s=20

花王・カネボウ化粧品

2006年に花王がカネボウ化粧品を買収し、カネボウの化粧品ブランドは花王傘下のグループとなりました。

花王傘下のデパコス系ブランドの多くはカネボウグループのもので、花王の直営ブランドはプチプラ系ブランドが中心となっています。

それぞれが得意とする分野の強みを伸ばしながら、多様なニーズに対応するブランド展開をしています。

SNSには「ファンデはSUQQUしか使えない」「色落ちしないアイテムが豊富」と高評価がたくさんありました。

https://twitter.com/shinohara_5555/status/1744016746548523200?s=20
N美

メーカーによって様々な特徴があります!

・資生堂…国内最大手で幅広いブランド展開
・KOSE(コーセー)…自社で研究・開発したブランドが多い
・花王・カネボウ化粧品…デパコスからプチプラまで取り揃う

化粧品の選び方を失敗した人の口コミ

化粧品の選び方を失敗した人の体験談や口コミを紹介します。

これから購入する人は、どんなことに気をつけたらいいのか、参考にするといいでしょう。

F美

肌荒れや皮むけの原因になった

R子

値段で選んだら失敗した

S美

パーソナルカラーに合わない色を買ってしまった

化粧品の選び方を失敗した・後悔している、と投稿している人が思った以上に多くいますね・・。

自分に合った成分や色味の化粧品を買うことが大切ですね。

買ってはいけないハンドソープ

買うならどれ?おすすめの化粧品を紹介!【デパコス・プチプラ】

おすすめの化粧品をデパコス・プチプラ・自然派・韓国コスメごとに、紹介していきます。

何を一番重視したいか、優先順位を決めてから選ぶと迷うことも少なくなるでしょう。

デパコス「DIOR(ディオール)」

【引用:DIOR公式ホームページ

スキンタイプ‎普通肌
商品タイプ‎リキッド
対象性別‎ユニセックス
カラー‎1N ニュートラル
サイズ‎30ml

デパートコスメを使ってみたいけど、どのブランドを選んだらいいか分からない…という方におすすめなのが、DIOR(ディオール)です。

ファンデーションやコンシーラーなどのベースメイクはカバー力や崩れにくさなどの機能性が高く、よりきれいな肌を目指したいという方にぴったりです。

有名なマキシマイザーも高い人気があり、リップ下地として使えるカラーを選べば、ギフトにも適した商品です。

初めてデパコスに挑戦したい、プレゼントにコスメを送りたいと考えている人は、DIORの化粧品を選ぶことをおすすめします!

プチプラ「CANMAKE(キャンメイク)」

【引用:CANMAKE公式ホームページ

梱包サイズ‎7.7 x 7.4 x 2.2 cm; 50 g
SPF値‎50 SPF
スキンタイプ‎全肌
商品タイプ‎プレスト
カラー‎ピンク系オークル
サイズ‎10グラム (x 1)

最近のプチプラコスメには、デパートコスメに劣らない品質の商品も多くなっています。

その中でもCANMAKEは手頃な価格にも関わらず高品質なアイテムが揃っていて、人気のブランドとなっています。

フェイスパウダーや眉毛コンシーラーなどは、度々SNSで話題になっています。

どのアイテムも低価格で使いやすいので、初めてのメイク用品を揃えたい人や、新しい色味に挑戦したいときなどにおすすめです。

自然派「SHIRO(シロ)」

【引用:SHIRO公式ホームページ

梱包サイズ‎16.9 x 5.9 x 5.9 cm; 40 g
カラー‎クリア

SHIROは自然由来の成分を使用したコスメブランドで、スキンケアからメイクアップ・フレグランスなど多岐にわたる商品を展開しています。

メイクアップアイテムもスキンケア製品と同じ発想でつくられており、肌にやさしいのはもちろん、多彩なカラーでメイクを楽しめるアイテムが揃っています。

なるべく肌にやさしいものを使いたいという人は、自然派コスメのブランドを選ぶといいでしょう。

韓国コスメ「rom&nd(ロムアンド)」

【引用:Amazon

梱包サイズ‎10.6 x 2.1 x 1.9 cm; 30 g
商品の特徴‎‐
原産国/地域‎大韓民国
スキンタイプ‎乾燥肌, 普通肌
商品タイプ‎液体
商品の仕様、用途‎口もと用
対象性別‎女性
カラー‎EAT DOTORI
サイズ‎1個 (x 1)

近年、化粧品市場で大きなシェアを占めている韓国コスメ。

買い求めやすい価格と最先端のトレンドをいち早く取り入れられることから、幅広い世代から支持を得ています。

特におすすめなのは「rom&nd(ロムアンド)」です。

有名なアイテムは豊富なカラーと質感のリップですが、アイシャドウパレットやネイルカラーも人気です。

ローソンとコラボした「アンドバイロムアンド(&nd by rom&nd)」はミニサイズで手軽に試せるなどの特徴があり、購入する人が多いようです。

A美

・デパコスなら「DIOR(ディオール)」
・プチプラなら「CANMAKE(キャンメイク)」
・自然派なら「SHIRO(シロ)」
・韓国コスメなら「rom&nd(ロムアンド)」

などがおすすめです!

最新の化粧品情報!どんな機能がついている?

最新の化粧品にはどのような機能がついているのでしょうか。

ほぼ美容液ファンデ

パウダーやクッションなど、様々なタイプがあるファンデーションですが、まるで美容液のようにしっとりとした質感のものが今最も注目されています

SHISEIDOのエッセンススキングロウファンデーションは、ほどよいカバー力がありつつツヤ肌と透け感が実現でき、トレンドの肌を作ることができます。

SUQQUのザ ファンデーションは諭吉ファンデとも言われ、お値段も話題になっていますが、コンシーラーいらずのカバー力と一日中潤いをキープする贅沢な使用感で虜になる人が続出しています。

涙袋コンシーラー

今やメイクをする上で必須のパーツである涙袋。

ヒロインメイクの涙袋コンシーラーはハイライト効果もあるラメ入りのピンクベージュで、ひと塗りするだけでぷっくりとした涙袋を作ることができます。

自然な涙袋が夜まで落ちずにキープできるので、品薄になるほど人気のアイテムです。

産毛偽造アイテム

額の産毛を描き足すことで、生え際のお悩みを解消できる産毛偽造アイテムが色々なメーカーから販売されています。

セザンヌの産毛パウダーは、880円で小顔効果や若見え効果があると人気を集めています。

KATEからはリキッドライナータイプが販売されていて、色持ちが良くお直しもしやすいと評判です。

Y子

最新の化粧品には

・ほぼ美容液ファンデ
・涙袋コンシーラー
・産毛偽造アイテム

などのアイテムがあります!

化粧品を買う時によくある質問!

化粧品を購入する際の疑問点やよくある質問についてまとめました。

質問①化粧品の買い替え時期は?

化粧品の使用期限は未開封で3年、開封後は3ヶ月〜1年。(再春館製薬所)

【寿命の前兆かも!?】

  • 異臭がする
  • 変色している
  • 分離している
  • 質感が変わっている

未開封の場合でも購入してから3年経過している場合は、買い替えを検討するといいでしょう。

質問②化粧品の処分の仕方は?

化粧品の処分の仕方はいくつかありますので、自分に合った方法を選んでください。

  • 住んでいる市区町村の分別方法に合わせて処分する
  • フリマアプリやネットオークションで譲る
E子

・化粧品の買い替え時期は、購入してから3年が目安!
・化粧品の処分の方法は様々!自分に合った方法を!

化粧品を安く買う方法は?

化粧品を安く買うための方法やセールの時期を把握しておきましょう!

セール時期

年末年始は、歳末セールや初売りセールなどが行われています。

ブランドが入っている商業施設や通販サイトなどでも定期的にセールが行われていますので、その時期に買うのもおすすめです。

チラシをチェック

近くの薬局などで安く売っていることがありますので、チラシなどをチェックしておきましょう。

お店によっては、○日はクレカ払いで5%オフ・○日にポイント2倍dayなどもありますので、お得に買える日に購入するのもいいでしょう。

化粧品はネット通販で買うべきと断言できる理由

化粧品はネットで買うと、メリットがたくさんあります・・!

  • ネットで買うと人件費がかからないので安く購入できる
  • まとめ買いができるので、その分安く購入できたり買い忘れを防ぐことができる
  • 通販サイト独自のセール期間中に利用すると、ポイントが貯まるなどお得に購入できる(楽天市場のお買い物マラソンや、Amazonセールなど)

店頭で見なくても、ネットで色味や口コミを確認することができるので、店舗に行く時間とコストを削ることができます!

A美

ネットで化粧品を買うと

・安く購入できる
・書い忘れを防げる
・送料無料になる
・ポイントが貯まる
・時間とコストを削る

などのメリットがたくさん!

まとめ

①〜④に当てはまる化粧品は買ってはいけない!ということを覚えておきましょう!

  1. 肌に良くない成分が入っている
  2. 自分の好きなデザインではない
  3. 必要な効果が期待できない
  4.   価格が安い

購入前には、使われている成分やデザイン・口コミなどを確認しておくことが大切です。

化粧品にはたくさん種類があるので、迷いますよね・・。

値段・機能・見た目など、何を一番重視したいのか決めておくと、スムーズに選ぶことができるでしょう。

買ってはいけないまつ毛美容液

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次