第45回全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」

トップへ
閉幕しました

メニュ画像

第45回全国高等学校総合文化祭(紀の国わかやま総文2021)プレ大会写真部門大会を開催しました!

1 概  要

 日 時  令和2年11月13日(金)~15日(日)

 場 所  和歌山県立橋本体育館

 日 程  展示(武道室)

       11月13日(金)~15日(日) 9:00 ~ 17:00(15日は15:00まで)

      行事(サブアリーナ)

       11月13日(金) 14:00~15:30 生徒交流会

       11月15日(日) 10:00~10:15 開会式

                 10:15~11:15 講演会

                 11:30~12:00 撮影報告会

                 13:00~13:30 表彰式

                 13:30~14:30 講評会

                 14:30~14:45 閉会式

 

2 作品展示

 11月12日(木)午前中に武道室で養生シート敷き、パネル設営を行い、お昼から作品搬入と展示作業を行いました。

 出品総数は262点、出品校数は20校、出品者数は231名で、例年よりも多く、来年度への弾みがつきました。

 展示受付は、紀北工業高校、笠田高校、橋本高校で行いました。

 

2階からの作品展示の様子

展示受付の様子

 

3 生徒交流会

 来年度の本番で行う予定の生徒交流会を向陽高校の実行委員を中心に運営を行いました。

 まず、1班9名程度ではじめに軽く自己紹介を行い、密を避けるため、次の①②のグループに分かれて、2部制で前後半入れ替えて交流をしました。

 ①サブアリーナで、各自事前に用意した自己紹介カードと写真を入れるフォトブック作成と来年出題する和歌山クイズを話し合い、交流を図りました。

 ②武道室で、1班を3名ずつ3グループに分かれて、各自事前に決められた作品(すべての作品にメッセージカードが届くように)と自由に好きな作品について、作品へのメッセージカードを作成する中で交流を図りました。

 実際行ってみると来年への課題やさらにやってみたいことも見えてきました。来年に向けてブラッシュアップしたいと思います。

 

サブアリーナでの生徒交流会の様子

武道室での生徒交流会の様子

 

4 開会式

 来年の会場はサブアリーナではなくメインアリーナになりますが、来年の本番に近い形で、進行台本に沿って、この日の行事を行いました。運営は、和歌山信愛高校、貴志川高校、和歌山工業高校の実行委員を中心に行いました。

 開会式では、部門委員長の挨拶、生徒実行委員長の挨拶などを行いました。審査員の先生方にも登壇いただきました。

 

生徒実行委員長挨拶の様子

 

5 講演会

 日本写真映像専門学校副校長の山崎裕二先生と株式会社市川ソフトラボラトリーインストラクターの西巻敏先生を講師にお招きして講演会を行いました。

 事前にこちらから写真を提供して、その画像を具体的に補正していく手順などを見せて頂くなど、気さくに丁寧に教えてくださいました。

 

2階席からの講演会の様子

 

6 撮影報告会

 11月1日九度山・粉河寺、7日高野山、14日和歌山市で開催したプレ撮影会の内容について、それぞれの撮影コースの代表生徒から報告をしました。

 

撮影報告会の様子

 

7 表彰式

 特選第1席~3席、奨励賞1~8、佳作23点、計34点の作品制作者に部会長より賞状と副賞の授与を行いました。

 

表彰式の様子

 

8 講評会

 さきほどの表彰式で表彰された34点について、スクリーンに作品を投影し、弓場康廣先生と山崎裕二先生より講評をしていただきました。

 

講評会の様子

 

9 閉会式

 来年度の本大会ではきいちゃんが登場し、東京都の代表生徒の皆さんとのエール交換等があるところですが、今年については、部門委員長と生徒実行委員長の挨拶のみ行いました。

 最後に、生徒副実行委員長の閉会のことばでプレ大会の全行事を終えました。

 閉会式終了後は、作品の搬出、武道室、サブアリーナの片付けを全員で協力して行い、予定時間よりも早く終了することができました。

 

閉会式(生徒実行副委員長の閉会のことば)の様子

 

10 和歌山大会に向けて

 来年8月に開催される本大会は全国の写真部員に来ていただき、表彰式や講評会、講演会、県内3か所の有名スポットでの撮影会や生徒交流会などを行う予定です。

 和歌山に来られたことのない皆さんにも楽しんでいただき、和歌山の魅力を伝えられるよう実行委員みんなで頑張ろうと思います。

 今年は新型コロナウイルスの影響で、十分に確認、準備ができていない点もあった中でのプレ大会でしたが、来年の本大会までにもっと集まって話し合い、準備を進めていけたらと思います。

 47年に一度の貴重な機会をいただいたので、しっかりとやり遂げたいと思います!

生徒実行委員長 西野 直子(和歌山信愛高等学校)

 

 

令和2年11月24日 /  部門情報

ページのトップへ戻る