第45回全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」

トップへ
開幕まであと

メニュ画像

プレ大会総合開会式(令和2年10月25日)

 10月25日に紀の国わかやま総文2021プレ大会総合開会式を開催しました!

 

 私は今回、開会宣言と第2部の交流ステージへの出演をさせていただきました。私にとって大きな舞台に立ったことは、とても貴重な経験になりました。開会宣言では本番前に舞台袖で何度も確認し、励ましてもらったおかげで落ち着いて役目を果たすことができました。

 

 第2部の交流ステージでは、新型コロナ感染予防のため1席空けた配席だったとはいえ、会場は満席でお客さんからの反応も伝わってきて練習してきたことが発揮できたと感じました。また、練習や本番の舞台を通して2期生の委員たちとの絆を深めることができました。先催県の総文を見たことがない2期生にとって、総合開会式の本番を体験したことは総文へのイメージを掴む良い機会になったことだと思います。

 

 私は前日の通しリハーサルや本番の出番以外は舞台袖で見学していました。その時の総合開会式部会運営班の委員たちの動きに圧倒されました。出番を終えた出演者には積極的に「お疲れ様でした!」と声を掛けたり、舞台が上手く回るように誘導をしたり、気持ちに余裕を持っているように見えました。部会別活動で繰り返し確認したり、マニュアルを読み込んでから本番に臨んだりしたことが良い結果を生んだのではないかと思いました。そして大会を盛り上げる裏方の重要性を感じました。

 

 新型コロナウイルス感染症の影響で思うように活動ができず、不安を感じることもありましたが、約1年半かけて準備してきたことがようやく形になり、ホッとすると同時に嬉しさがこみ上げてきました。

 

 私たちはこれからプレ大会の経験を生かして本大会に向けて準備を進めていきたいと思います。楽しみにしていてください!

 

令和2年10月25日

総合開会式部会 部会長 鳥羽 千智(橋本高等学校)

 

第一部「式典」

   
   
 

 

第二部「交流」

   

 

第三部「開催地発表」・フィナーレ

   
   
   
   

 

展示コーナー、呈茶コーナーの様子

   
   

 

受付の様子

 

令和2年11月02日 /  部門情報

ページのトップへ戻る