買ってはいけない醤油とは?危険なメーカーの特徴や後悔した人の口コミを紹介!

醤油

日常生活でよく食べる醤油

しかし数多くのメーカーが販売しているので、どれを選んだらいいのか迷ってしまった経験はありませんか?

中には買ってはいけない商品もあるので、正しい情報を知って安全でおいしいもの選びたいですよね。

この記事では買ってはいけないメーカーや特徴について解説し、醤油の選び方やおすすめの商品について紹介していきます。

目次

買ってはいけない醤油の特徴3つ!

まずは、買ってはいけない醤油の特徴を3つ紹介します。

  1. 値段が安すぎる
  2. 自分の好きな味ではない
  3. 食品添加物が含まれている

①値段が安すぎる

値段が安すぎる醤油は買わないほうがいいでしょう。

一般的な醤油の材料は、大豆と小麦と塩です。

醤油は、この3つの材料を2〜3年ほど発酵させて作られますが、激安の醤油はそうではありません。

安価に売られている醤油は、安く大量に作るために原材料や作り方が純粋な醤油とは異なっています

安い醤油には、大豆から油を搾り取った残りの「脱脂加工大豆」が使われている場合も。

脱脂加工大豆は作られる工程で、ヘキサンという石油由来の成分が使われています。

また、原料として使われる大豆がアメリカなどの外国産である場合が多いです。

ほとんど毎日使うものなので、自分のお財布と相談しながらコスパのいい醤油を選ぶことをおすすめします!

②自分の好きな味ではない

醤油は、種類やメーカーによって合う・合わないがあるかもしれません。

せっかく買ったのに食べられないともったいないですよね・・。

一般的な濃口醤油や薄口醤油の他にも、溜まり醤油や再仕込み醤油など様々な味も販売されているので、自分の好みのものを見つけるといいでしょう!

③食品添加物が含まれている

食品添加物が入っているものは、糖尿病や心臓病のリスクを高めたりや発がん性を高めたりする可能性があります。

食品添加物名影響
ぶどう糖果糖液糖摂取量によっては糖尿病や心臓病のリスクを高める危険性
調味料(アミノ酸等)加熱すると発がん性物質を生成
カラメル色素発がん性
甘味料(サッカリン)発がん性

購入前にパッケージなどを見ながら、安全な醤油を選びましょう。

K子

3つの特徴に当てはまる醤油は、買ってはいけません!

1.値段が安すぎる
2.自分の好きな味ではない
3.食品添加物が含まれている

買ってはいけない醤油のメーカーはある?

買ってはいけない醤油のメーカーはあるのでしょうか。

キッコーマン、ヤマサ醤油、フンドーキンの醤油を紹介していきます。

メーカー名商品名
キッコーマンいつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ
ヤマサ醤油鮮度生活 特選 丸大豆しょうゆ
ヒガシマル醤油牡蠣だし醤油

キッコーマン

醤油といえばキッコーマンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

キッコーマンは大手醤油メーカーで業界ナンバーワンと言われています。

ラインナップが非常に豊富で、濃口・薄口・減塩はもちろん、食物アレルギー対応の醤油として大豆・小麦不使用の「いつでも新鮮 えんどうまめしょうゆ」というものもあります。

また、「いつでも新鮮」シリーズは酸化を防ぐ「密封ボトル」に入っているため、新鮮に美味しさをキープすることができると人気です。

SNSには「だしの旨味で美味しい」「美味しい上に減塩」と高評価がたくさんありました。

https://twitter.com/happy_chaa/status/1660945568053747712?s=20

ヤマサ醤油

ヤマサ醤油が販売している醤油は、江戸時代から代々伝わる独自の麹を使って作られています。

醤油の鮮度がよい証拠である澄んだ赤や、香りの良さが特徴です。

また、鬼滅の刃やスヌーピーなどとコラボした数量限定のコラボボトルが発売されたこともあり、若い人からも支持されています。

千葉県銚子市では工場見学ができ、ヤマサ醤油やの歴史や醤油作りの工程を学ぶことができますので、ぜひチェックしてみてください。

SNSには「美味しい」「まろやかで好き」などの意見があがっていました。

ヒガシマル醤油

ヒガシマル醤油が販売している醤油は、薄口醤油が有名です。

国産の原材料にこだわっており、国産丸大豆・国産小麦・国産米を100%使用しています。

最近は、瀬戸内産真牡蠣エキスを使用した「牡蠣だししょうゆ」が何の料理にも合うと人気があります。

SNSには「マジで美味い」「無敵の万能調味料」などの意見があがっていました。

N美

メーカーによって様々な特徴があります!

成分や口コミなどを参考にしながら、自分に合った醤油を選びましょう!

醤油の選び方を失敗した人の口コミ

醤油の選び方を失敗した人の体験談や口コミを紹介します。

これから購入する人は、どんなことに気をつけたらいいのか、参考にするといいでしょう。

F美

減塩醤油は不味い。

R子

甘味料のせいか、甘すぎる。

S美

安さで選ぶと旨味がない。

醤油の選び方を失敗した・後悔している、と投稿している人が思った以上に多くいますね・・。

自分に合った醤油を買うことが大切ですね。

買うならどれ?おすすめの醤油を紹介!【人気・安さ】

おすすめの醤油を3つ紹介します!

人気のものやコスパ重視の商品などに分けてまとめていますので、何を一番重視したいか、優先順位を決めてから選ぶと迷うことも少なくなるでしょう。

人気No.1「キッコーマン・いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ」

醤油

【引用:Amazon

ブランド ‎キッコーマン食品 
梱包サイズ ‎27.7 x 20 x 6.8 cm; 1.72 kg 
商品タイプ ‎液体 
容器の種類 ‎ボトル 
メーカー ‎キッコーマン食品 
商品の重量 ‎1.72 Kilograms

このキッコーマンのいつでも新鮮しぼりたて生しょうゆは加熱処理をしていない、しぼりたての生しょうゆという特徴があり、とても人気の商品です。

開戦後常温保存で90日間鮮度を保つ「やわらか密閉ボトル」が使われているため、香りや美味しさをキープするという効果もあるのでおすすめです!

安さ重視「キッコーマン・特選丸大豆しょうゆ 100ml」

【引用:Amazon

ブランド ‎キッコーマン 
製品サイズ ‎3.7 x 13.8 x 3.7 cm; 140 g 
商品タイプ ‎液体 
容器の種類 ‎ボトル 
メーカー ‎キッコーマン 
原産国名 ‎日本 
商品の重量 ‎140 g

キッコーマンの特選丸大豆しょうゆ 100mlは、大豆の旨味を引き出した、特選しょうゆが特徴です。

ミニボトル入りなので、少量で試したい方にぴったりです。

どんな料理とも相性が良く、コスパもいい商品なので値段重視の方におすすめの商品となっています。

グルテンフリーなら「キッコーマン・いつでも新鮮 えんどうまめしょうゆ〉

えんどうまめしょうゆ

【引用:Amazon

ブランド ‎キッコーマン食品 
製品サイズ ‎5.51 x 19 x 16.99 cm; 810 g 
メーカーにより製造中止になりました ‎いいえ 
商品タイプ ‎液体 
容器の種類 ‎ボトル 
メーカー ‎キッコーマン食品 
原材料 ‎えんどう豆、食塩、アルコール 
商品の重量 ‎810 g

このキッコーマンのいつでも新鮮 えんどうまめしょうゆは大豆・小麦不使用のグルテンフリー醤油という特徴があり、とても人気の商品です。

  • アレルギー特定原材料等27品不使用のため、アレルギーをお持ちの方も安心して使うことができます。

大豆・小麦不使用でも、醤油らしい香りやコクがあり、通常の醤油と同じように使うことができるためおすすめです!

A美

・人気No.1は「いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ」
・安さ重視なら「特選丸大豆しょうゆ 100ml」
・グルテンフリーなら「いつでも新鮮 えんどうまめしょうゆ」

などがおすすめです!

醤油の保存方法や賞味期限は?

気になる醤油の保存方法について紹介します。

  • 開封前は直射日光の当たらない、温度の低い場所
  • 開封後は冷蔵庫

で保存することおすすめします。

開封後は、一ヶ月ほどで使い切るのが理想です。

風味が劣化して酸っぱくなったら腐っている可能性がありますので、見た目や匂いなどを確認してから使うようにしましょう。

醤油を買う時によくある質問!

醤油を購入する際の疑問点やよくある質問についてまとめました。

質問①毎日食べてもいい?

醤油を毎日食べる人もいると思いますが、健康に影響はないのか気になりますよね。

毎日過剰に摂取すると、以下のような影響があると言われています。

  • 嘔吐、吐き気
  • 高血圧
  • 腎臓病

醤油は塩分が多いので、食べ過ぎはよくないでしょう

しかし醤油は、調味料の中では比較的カロリーが低いと言われていますので、1食あたり普通醤油で小さじ2程度を目安に食べることをおすすめします。

質問②濃口醤油と薄口醤油の違いは?

醤油には濃口醤油と薄口醤油の2つの種類がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

種類塩分濃度
濃口醤油濃い16%
薄口醤油薄い18%~19%

濃口と薄口は、醤油の色の違いを意味しています。

色とは反対に、塩分濃度は薄口醤油の方が高いので気をつけましょう。

料理に使う際に、通常の色で良い方は濃口醤油を。

薄い方が好みの方は薄口醤油を選ぶことをおすすめします!

醤油を安く買う方法は?

醤油を安く買うための方法やセールの時期を把握しておきましょう!

チラシをチェック

近くのスーパーやお店などで安く売っていることがありますので、チラシなどをチェックしておきましょう。

お店によっては、○日はクレカ払いで5%オフ・○日にポイント2倍dayなどもありますので、お得に買える日に購入するのもいいでしょう。

醤油はネット通販で買うべきと断言できる理由

醤油はネット通販で買うことをおすすめします!

なぜなら、ネットだとまとめ買いセールをしていたりポイントが還元されることがあるからです・・!

  • まとめ買いができるので、その分安く購入できたり買い忘れを防ぐことができる
  • 送料無料で買える場合がある
  • 通販サイト独自のセール期間中に利用すると、ポイントが貯まるなどお得に購入できる(楽天市場のお買い物マラソンや、Amazonセールなど)

その為、醤油はネットで買うことをおすすめします

A美

ネットで醤油を買うと

・安く購入できる
・書い忘れを防げる
・送料無料になる
・ポイントが貯まる
・時間とコストが削れる

などのメリットがたくさん!

まとめ

①〜③に当てはまる醤油は買ってはいけない!ということを覚えておきましょう!

  1. 値段が安すぎる
  2. 自分の好きな味ではない
  3. 食品添加物が含まれている

購入前には、必要な容量や効果・口コミなどを確認しておくことが大切です。

醤油にはたくさん種類があるので、迷いますよね・・。

値段・効果など、何を一番重視したいのか決めておくと、スムーズに選ぶことができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次