第45回全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」

トップへ
閉幕しました

メニュ画像

生徒企画委員会解散式(令和3年9月26日)

ホテルアバローム紀の国 孔雀の間にて生徒企画委員会の解散式が開催されました。

【司会】橋本高等学校3年 鳥羽千智さん

 

最初に、和歌山県実行委員会会長である宮﨑泉教育長と和歌山県高等学校文化連盟会長である森勝博校長より、御挨拶をいただきました。

次に、活動証明書の交付が行われました。部会ごとに呼名された後、部会長が代表で、宮﨑教育長から活動証明書を受け取りました。

次に、各部会ごとに大会を終えての感想や思いを、部会長に代表で語ってもらいました。新型コロナウイルス感染症の影響により、活動やイベントが中止や延期になり辛かったことや、限られた時間の中で大会までに準備ができるかという不安があったこと等、いろいろな思いを語ってくれました。

総務部会
総合開会式部会
パレード部会
広報イベント部会
国際交流部会

続いて、副委員長、委員長からも思いを語ってもらいました。

副委員長及び委員長は高校1年生のときから活動に参加しており、この2年半の中で起こったいろいろなことを、具体的なエピソードを含めて語ってくれました。

特に、先催県である2019さが総文や2020こうち総文プレ大会に視察調査に行けたことが大きな思い出になっているようでした。

このコロナ禍で紀の国わかやま総文2021が開催できるのかという不安が消えない中、できることを探して準備を進めてきました。制限された環境でも大会を必ず成功させたいという思いが委員の中で強くなり、生徒企画委員会委員の絆が一層強くなったように思います。不安もあったと思いますが、各部会で準備を進め、一致団結して当日まで走り続けました。その甲斐あって、当日は天候にも恵まれ、総合開会式及びパレードが盛大に開催できたことへの喜びを改めて強く語ってくれました。

最後に全員で写真撮影を行いました。

閉会後、各部会担当者から活動証明書の交付と、部会生徒に向けて最後の話がありました。部会生徒からも、それぞれの担当者にこれまでの感謝の気持ちを伝え、解散式は終了しました。

第Ⅰ期生徒企画委員会委員26名 第Ⅱ期生徒企画委員会委員44名 合計70名による生徒企画委員会が、本日をもって解散しました。

本当にお疲れさまでした。これからも、自身の進路に向け、頑張ってください!

令和3年09月29日 /  生徒実行委員会

ページのトップへ戻る