第45回全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」

トップへ
開幕まであと

メニュ画像

第9回生徒企画委員会(令和2年8月2日)

【今回の開催について】

 

 事務局長から開会の挨拶のあと、広報イベント部会が中心となってデザイン案を考えた新Tシャツ完成の報告がありました。新しいデザインは、左胸に大会シンボルマーク、袖に和歌山の頭文字であるWの文字、後ろにきいちゃんの絵が入っています。

 

 

次に委員長と副委員長から、先週行われた「第1回生徒実行委員統括会議及び接遇研修」の運営面についての報告がありました。

良かった点は、生徒企画委員全員が自信をもって発表できていた、各部門の取組について知ることができる良い機会であった、アイスブレイクは事前に準備していたので、スムーズに進行できた、という点でした。反省点としては、事前の打ち合わせが充分でなく、来てくれた部門生徒実行委員のみなさんに対して充分な案内等ができなかった、挨拶等の対応が少し暗かった、マイクの受け渡しがスムーズにできなかった、という点でした。この反省点を共有し、次回に生かしたいと思います。

 

 

その後、総務部会より接遇研修についての報告及びデモンストレーションがありました。

正しい立ち方、座り方、礼の種類、声のトーン、笑顔について、少し気をつけるだけで、相手の印象が大きく変わるということを、実践を交えて報告してくれました。

接遇研修で学んだことを共有し、おもてなしの姿勢が自然にできるようになるよう、心がけたいと思っています。

 

 

もうすぐ新しい生徒企画委員会委員が入ってきてくれるので、そのときにスムーズに行えるよう、練習も兼ねてアイスブレイクを行いました。私達自身も、何度か行ったアイスブレイクを通じて、交流を深められるようになってきました。

 

 

 全体での活動は午前中のみで、午後からは各会議室に分かれて部会別活動を行いました。各部会別活動の取組内容については、順次、掲載していきます。

 

 

令和2年08月03日 /  生徒実行委員会

ページのトップへ戻る