第45回全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」

トップへ
開幕まであと

メニュ画像

第7回生徒企画委員会(令和2年6月14日)

【今回の開催について】

新型コロナウイルス感染症の影響で、3月の開催を最後に活動を自粛していましたが、本日待ちに待った今年度初めての生徒企画委員会を開催することができました。

 

本日の活動は、新型コロナウイルス感染症対策として、午前の部(総務部会・総合開会式部会)、午後の部(パレード部会・広報イベント部会・国際交流部会)の2部に分けて開催しました。

また、受付での検温と手指のアルコール消毒、全員マスクを着用、こまめに換気をする等の配慮をしながら、人数が密にならないよう間隔をとって開催しました。

まず、この4月から新しく推進室に来られた職員紹介のあと、木地尾室長より挨拶がありました。

担当者から今年度の活動予定や、2020こうち総文のウェブ開催等の全体説明のあと、各部会に分かれて活動を行いました。

各部会別活動の内容については、随時更新していきます。

午後の部の活動の最後に、前 冬磨委員長から話がありました。

 

「昨年11月に開催された2020こうち総文プレ大会では、高知県の生徒実行委員のみなさんに大変お世話になりました。今年の本大会へも、生徒企画委員全員で参加させていただくのを楽しみにしていましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、通常開催ではなくウェブ開催となりました。

とても残念ですが、ウェブ開催に向け、前向きに頑張っている高知県の生徒実行委員のみなさんの想いをしっかりと引継ぎながら、和歌山県も今後の活動に取り組んで行こう、もう自分たちだけの大会ではない。」という委員長からの熱いメッセージがあり、それぞれが大会成功に向け、改めて気持ちを引き締めました。

 

前 冬磨委員長からの話は、YouTubeに動画でアップしていますので、そちらもご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=2mFz6LlL4GQ

 

本日はたくさん取材も来てくれました。これからもどんどん大会をPRしていきますので、みなさんも公式SNSからの応援もあわせて、よろしくお願いします!

令和2年06月16日 /  生徒実行委員会

ページのトップへ戻る