第45回全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」

トップへ
開幕まであと

メニュ画像

生徒企画委員会委嘱状交付式・第1回生徒企画委員会(令和元年7月14日)

7月14日に生徒企画委員として採用した39名の生徒に委嘱状を交付し、同日、第1回生徒企画委員会を開催しました。

委嘱状交付式では、これまでに公募し、決定した大会テーマ・大会テーマ毛筆表現・ポスター原画・イメージソングの最優秀賞・優秀賞受賞者の表彰を行うとともにイメージソングが披露されました。

【各種公募入賞者 表彰式】

各種公募入賞者の表彰式を行いました。
(6月7日の第1回和歌山県実行委員会において表彰式を行う予定にしていましたが、大雨警報のため延期になっていました。)

 

【イメージソング披露】


県立向陽中学・高等学校合唱部によるイメージソング「届けよう 和の心」の披露

 

【委嘱状交付式】

委員を代表して橋本高等学校1年鳥羽千智さんが、宮﨑教育長から委嘱状を受け取りました。

 

宣誓

委員を代表して耐久高等学校1年池永実優さんが、「私は生徒企画委員の一員になることができ、とても嬉しく思っています。 今高校生でいること、2021年に和歌山県で全国高総文祭が開催されること、そこに生徒企画委員として関われること。この奇跡に喜びを感じながら、私たちは“紀の国わかやま総文2021”が、和歌山県の高校生である私たちにしかできない全国高総文祭を実現できるよう、一人ひとりが精一杯努力します 。」とあいさつをしました。

生徒委員会活動発表
生徒委員会活動発表

全国高等学校総合文化祭の開催準備に取り組むため、平成29年12月から取り組んできた生徒委員会の活動について、代表生徒3名が発表しました。大会基本方針の作成や各種公募の審査、県高等学校総合文化祭総合開会式でのPR活動等について、パワーポイントを使って説明し、最後に生徒企画委員会の生徒に向けて「今回設立された生徒企画委員会に私たちのバトンをつなぎ、後輩のみなさんの力で”紀の国わかやま総文2021”を成功させてくれると信じています。」と自分たちの思いを伝えました。

【第1回生徒企画委員会】

第1回の様子
第1回の様子

午後から第1回の活動を行いました。最初に推進室の担当から、紀の国わかやま総文2021についてのガイダンスがあり、大会概要や大会基本方針、大会テーマ・ポスター原画等、大会までのスケジュールについて確認しました。次に2019さが総文の視察調査についてパワーポイントとしおりを使った説明を聞いた後、5つの部会に分かれての初顔合わせを行い、視察調査のポイントを確認しました。

令和元年07月14日 /  生徒実行委員会

ページのトップへ戻る